口コミからわかる過払い金請求の注意点とリスク

口コミからわかる過払い金請求の注意点とリスク

過去に借金があった方には、過払い金が現金が戻ってくる可能性があります。

司法書士や弁護士に任せておけば過払い金請求できますが、注意点とそのリスクがないのか気になりますよね?

口コミからわかった”知っておくべき注意点とそのリスクの回避法”をお伝えします。

注意点そのリスクは、ご自身の返済状況やクレジットカードの有無など場合によって異なるのです。

注意点を口コミから知っておけば、リスクなく過払い金請求のメリットを受けることができますので、こちらの記事をご覧ください。

ご自身の場合にはどのような注意点があるか知りたい方は、事務所の無料相談で相談することもできます。

当サイトがおすすめする事務所もお伝えしますので、気になった方はそちらもご覧ください。

過払い金請求におすすめの事務所

過払い金請求するリスクとその注意点

過払い金請求した貸金業者が今後利用できなくなるリスク

貸金業者に過払い金請求をしたリスクは、その貸金業者から再び借入できにくくなります。

過払い金請求はクレジットカードにもすることができますが、過払い金請求したクレジットカードは使えなくなり、今後も利用できなくなる可能性が高いです。

ただし、貸金業者によって借り入れに対する基準は変わりますので、絶対借り入れできなくなるとは言い切れません。

滞納なく返済していたのであれば優良顧客とみなされて、再度契約できるケースもあります。

しかし、過払い金請求していない他社の貸金業者なら借り入れできますので、まったく問題ないです。

どうしても借り入れていた業者から借り入れしたい場合のみ注意してください。

過払い金請求は請求する業者も選べますので、弁護士・司法書士にその旨を伝えて相談しましょう。

過払い金請求におすすめの事務所

過払い金請求せずに過払い金を放置する

たとえ過払い金が発生していても、過払い金請求せずに放置してしまうと過払い金が取り戻せなくなってしまう場合があります。

それは、過払い金請求の時効と貸金業者の倒産の2つの場合です。

時効と倒産にならないためには、一刻も早い過払い金請求の手続きが必要になります。

まずは、ご自身が2つの場合に該当していないかを確認しておきましょう。

過払い金請求の時効になってしまう

過払い金は、最後に取引した日から10年で時効になり、過払い金を取り戻せなくなります。

過払い金請求は借金を完済していても返済していても可能できますが、いつから時効の期間が始まるのか変わってきます。

完済中の場合は貸金業者に最後に支払った日から10年で時効で、返済中の場合は過払い金請求の時効にはなりません。

時効期限を過ぎてしまうと、いくら過払い金が発生していたとしても一円も戻ってきません。

完済している場合は、時効にならないように一刻も早く過払い金の相談を始めましょう。

相談するのをためらっていたらいつの間にか時効期限を過ぎてしまって、過払い金が取り戻せなかったという例はたくさんあります。

返済中の場合は時効の心配はありませんが、倒産によって過払い金請求できなくならないように、次の章を読んでおきましょう。

過払い金請求する業者が倒産してしまう

貸金業者も倒産してしまうことがあります。

過払い金請求しようとしている貸金業者が倒産してしまうと、取り戻せる過払い金が少なくなったり、過払い金がまったく戻ってきません。

貸金業者の倒産は減少の傾向にありますが、絶対に倒産しないということはないのです。

貸金業者として大手だった武富士も倒産してしまいましたので、過払い金は放置せずにすぐに過払い金請求しましょう。

過払い金請求におすすめの事務所

過払い金請求を専門家に相談しない

過払い金請求するには、専門家に依頼する方法と自分でおこなう方法があります。

自分で過払い金請求すれば費用を抑えられますが、過払い金請求の知識がないのでリスクを避けられない可能性あるのです。

自分で過払い金請求する場合は、以下のリスクに注意しましょう。

過払い金請求を専門家に依頼するならば、あなたの返済状況に応じてリスクや回避方法を教えてくれます。

借金をしていたことが周囲にばれてしまう

自分で過払い金請求には、貸金業者と直接やり取りしなければなりません。

自分で過払い金請求する場合、まず自分にいくら過払い金が発生しているかを調べるために、過去の借り入れ状況を知るために取引履歴を貸金業者から取り寄せます。

その後、引き直し計算をおこなって、ご自身にいくらの過払い金があるのかを算出するのです。

取引履歴などの郵便で届きますので、差出人があからさまに貸金業者とわかることや、電話が平日の昼間に職場でいきなり電話がかかってくることもあり、家族や周囲に過払い金請求がばれるリスクがありますので、注意しましょう。

専門家に依頼すれば借金をしていたことを秘密にしたいと伝えれば、家族や周囲にバレないように配慮してくれます。

専門家は過払い金請求の依頼を受けると、貸金業者との連絡をすべておこなってくれます。

そのため、貸金業者との連絡でバレることもなくなりますし、専門家があなたに連絡する場合も時間に配慮してくれますので、過払い金請求のやり取りで借金をしていたことが家族や周囲にバレません。

当サイトがおすすめする杉山事務所では、事務所からの郵便物でも差出人の名前を事務所名で送らず、司法書士の個人名でお送りバレないように配慮してくれます。

お電話での連絡が必要な際も、ご都合のいい時間帯や電話番号に連絡をくれますのでご安心ください。

ブラックリストにのってしまう

借金返済中の場合、過払い金請求するとブラックリストにのってしまう可能性があります。

しかし、借金返済中だと必ずブラックリストにのるわけではありません。

借入している金額が発生した過払い金より多いと、過払い金請求ではなく任意整理という扱いになってブラックリストにのってしまうのです。

ブラックリストにのると、

  • 貸金業者から借り入れがむずかしくなる
  • 新規のクレジットカードを作りにくくなる
  • 新規のローンが組みにくくなる

以上のようなデメリットがあります。

ブラックリストにのるかのらないかは、引き直し計算をおこなうことでわかるので引き直し計算の間違いは許されません。

正確な引き直し計算をおこなうには専門家に依頼するべきです。

ブラックリストにのるデメリットもありますが、借金を減らせたりや将来利息のカット、月々の返済額を減らせるなどのそれ以上のメリットもあります。

ご自身の返済状況に応じて、返済中に過払い金請求するべきか専門家に相談しましょう。

過払い金請求におすすめの事務所

悪徳事務所に依頼してしまう

過払い金請求をテレビCMなどでやるようになってから、過払い金請求する人をターゲットにした詐欺が発生しています。

司法書士や弁護士の事務所だからといって安心なわけではなく、悪徳事務所も存在するのです。

過払い金請求を依頼するときにトラブルに合わないように、どのような手口があるのかをあらかじめ知っておきましょう。

過払い金を着服される

貸金業者が過払い金をいくら支払うかについての和解内容や裁判の判決内容を偽って、依頼者に報告する司法書士や弁護士もいます。

ウソの報告をすることで、依頼者にわからないように過払い金を着服してしまうのです。

たとえば、完済した借金の過払い金請求するときに、架空の残債があったと偽って過払い金を着服するケース。

借金が残っていた場合に過払い金請求すると、返ってくる過払い金からまず借金を差し引くことになります。

そのことを悪用して、「100万円の過払い金が発生していましたが、15万円の借金が残っていたので、手元に戻る過払い金は85万円です」と架空の借金が残っていたかのように報告するのです。

この場合、架空の借金15万円の過払い金を着服しています。

他の例としては、借金を返済中の過払い金請求で借金を0円にすることで和解したとウソをつくケース。

借金を返済中に過払い金請求をして、依頼者には過払い金で借金が0円になったことだけを伝えて、借金を上回って返ってきた過払い金を着服してしまうケース。

事務所に過払い金請求を依頼して怪しく思うことがありましたら、和解書や判決書の提示を要求して、和解や判決の内容をご自身で確認するようにしてください。

高額な費用や報酬を請求される

過払い金請求の手続きが終わってから、説明されていない手数料が上乗せされて高額な費用や報酬を請求されることがあります。

事務所の費用が明確になっているところは、費用相場と比べて法外に高くないか確認するべきです。

過払い金について相談した時に、費用についてごまかしたり明確になっていない事務所には依頼しないようにしましょう。

また費用に疑問をもったら、すぐに質問して明確な説明をしてくれるかも確認するべきです。

知らない間に依頼したことにされる

過払い金の相談や調査を無料でおこなっている司法書士や弁護士事務所はたくさんあります。

無料の気軽さを悪用して、相談や調査をしてもらいにきた相談者の方を知らない間に依頼したことにしている事務所が一部あるのです。

相談や面談をした際に、内容をよく理解せずに書類へサインなどせずに、どこから正式な依頼になるのかを確認してください。

依頼した過払い金請求を放置される

悪徳な事務所ですと事務所の利益を最優先させるために、多くの過払い金を取り戻せそうな案件を優先的に手続きをおこない、少額なものは放置してしまうこともあるのです。

過払い金は最後に取引した日から10年を過ぎると時効によって過払い金が取り戻せなくなります。

放置されることによって時効になってしまい、過払い金が取り戻せなくなるケースに注意しましょう。

依頼しても放置されているように感じたら、他の事務所に相談するべきです。

過払い金請求を依頼するべきおすすめの事務所ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の返還額が日本一
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    ●相談料から過払い金の調査まですべて0円

    ●過払い金の回収金額がNo1

    ●消費者金融が恐れる司法書士事務所

    ●全国に8ヶ所の事務所

    ●無料の出張相談も可能

    杉山事務所についてくわしく知る

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    ●過払い返還額累積90億円以上

    ●月の相談件数約500件

    ●全国に8ヶ所の事務所

    ●出張相談可能

    ●相談料・初期費用0円

    ●秘密厳守

    みどり法事務所についてくわしく知る

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所は大手の法律事務所の冷たい対応とは違って、親切丁寧に対応してくれて、24時間365日、土日祝日も相談できます。弁護士にしかできない大きな額の借金問題は、弁護士法人サンク総合法律事務所にご依頼ください。

    ●相談料、着手金、初期費用がすべて0円

    ●24時間365日の相談可能

    ●全国どこでも対応

    サンク総合法律事務所をくわしく知る

過払い金請求できる事務所